読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

130302 桐島 感想

『桐島、部活やめるってよ』良かった。
 
学校風景の描き方もリアルで、サッカーのグループ分けの辺りなんか笑ってしまった。
 
自分が何も打ち込んでいるものがない、好きなものがない、からっぽなんだと気づいたときの悲しさ。そんな悲しさがラストに表現されてて…。自分が他の人間よりも"持ってない"と気づいたときの悲しさ。その悲しさを周りから"持ってる"と思われてる宏樹が気づくのが…。
映画監督になるつもりはないと語った映画部のあの子。「物事を続けていくと憧れと繋がってると感じることがたまにある」って言ってたのもすごくわかる…。
 
この話は表題の桐島くんがメインでなくて、その周辺の人々の話なんだよなぁ。アイデンティティを失う周りの人々の話なんだよね…。
 
宏樹には成長してもらいたいね。誰もがそう思うはず。宏樹は観客であり、登場人物であり、映画を見ている自分とも取れるんだよね…。
 
 
名作…。見る価値あったよ